So-net無料ブログ作成
バンド ブログトップ

『バンドって、楽しいなぁ。』の巻 [バンド]

さて、今日のお話は昨年末の出来事。
ブログの方は、まだ年を越しません(笑)。

まずは何度かここでも話しているけど、
収さん、ゆうちゃんと共に手伝いで参加しているバンドのお話。
世田谷は成城在住の、整形外科医である津田さんのバンドだ。
元々は“成城ベンチャーズ”と名乗っていたが、いつの間にか
“東京ビーツ”とバンド名を変えていた(笑)。

年2、3回のライブを行うアマチュア・バンドだが、
バンドのメンバーや、ライブにゲスト出演くださる方々には、
津田さんのお知り合いである有名な俳優さん、女優さん、モデルさんもいたりする、
何ともゴージャスなバンドなのである(笑)。

1月に、前回同様六本木アビーロードでのライブ予定が入っていた“東京ビーツ”は、
11月21日の午後、久しぶりにリハーサルで集まった。
リハーサルは、津田邸敷地内にあるスタジオで行う。

加山雄三さんに憧れて、ギターやドラムを演奏する津田さんだが、
バンドを組むにあたって、「どうせやるなら」と、立派なスタジオを作ってしまった。

うむ。さすが  “お金持ち”  だ(笑)。

さて、この日はオリジナルメンバーである俳優の中原丈雄さんも参加。
まるで“部活動”のように約5時間、みっちりと練習に励んだ。
こんなリハーサルは東ベンでは考えられない(笑)。
ボクも収さんも、結構クタクタになってしまっていた。

そこへ、「みんな、少しお腹空いたでしょう?」と、差し入れが登場!!
お寿司やらフライドチキンやらが目の前に出されて、
一気に疲れが吹き飛んだ(笑)。

スタジオの中は、メンバーの熱気と機材からの熱でムンムンしていたし、
なにより“おやじ臭”がハンパなかったので(笑)、スタジオから出たドアの前でいただくことに。
すっかり陽も暮れていたが、夜風が何とも気持ちいい。
津田さんが、用意した飲み物や食べ物を袋から出して、
ポンポンと置いていくのだが、そこは何と高級車“ベンツ”のトランクの上(笑)。

1121_2.jpg

なのに、誰も気にする事なく、
そのままベンツの上をテーブル代りに使うバンドメンバー達(笑)。

1121_1.jpg

津田さんも、

「さぁ、こんな場所で申し訳ないけど、どんどん食べちゃってください。」

って。・・・・・・・・・・うむ。さすが  “お金持ち”  だ(笑)。

*************************************************

日付は変わって12月19日。
この日も1月のライブに向けて2度目のリハーサル。
“東京ビーツ”のライブは、津田さんがドラムを担当する“ベンチャーズ・コーナー”と、
津田さんがボーカルを務める“ロックンロール・コーナー”は、
曲目も含め予め決まっているのだが、
ボクと収さん、そしてゆうちゃんがいつも大変な思いをするコーナーに
毎回演奏曲目が新しくなっていき、覚えるのが大変な3つ目のコーナーと、
遊びに来てくださる“芸能人”の方々のバックを我々が務める“ゲスト・コーナー”がある。

今回、3つ目のコーナーでは“ディスコ・サウンド”と“'80年代ロック”を演奏する事になり、
またしてもボクの“専門外”である新たなジャンルに取り組む事となった(笑)。
まぁ、これまでに“GS”から“オールディーズ”、“ラテン”から“ジャズ”、
そして“演歌”まで演奏して来たので、もはや『何でも来やがれ!』状態ではあったが(笑)、
“なんちゃって●●(ほにゃらら)”だったら定評のあるこのバンド(笑)。
ボク個人としても、何だかんだで勉強になるし、楽しませてもらっている。

そうそう、今回から、またまたバンドのメンバーが増えた。
現在でも9人なのだが、一気に5人“増量”!!(笑)
高校、大学と吹奏楽部に籍を置いていた“ゆうちゃん”の
友人、先輩、後輩から選りすぐりのメンバーで“ホーン・セクション”を結成、
バンドに参加してもらう事となったのである。
当然の事ながら皆若い!!(笑)。これでバンドの平均年齢も一気に下がった(笑)。
トランペットが3人に、サックスとトロンボーンという編成は、
なかなかアマチュアバンドには無い豪華な人員(笑)。
これで大抵の曲は“本物ソックリ”なサウンドが出せるというものだ(本当か?(笑))

1219_1.jpg
▲リハーサル後、津田さん宅にお邪魔したホーン・セクションのメンバー。
 小野さんはサックスを教わっている松本先生との“プチ・コンサート”で、なんともムーディーな夜に(笑)。

話は戻って・・・、今回のゲスト・コーナーには、
前回に続いて俳優の小野武彦さんがサックスでジャズを、
それから【踊る大捜査線】や【科捜研の女】でも小野さんと見事なお芝居を見せてくれている
俳優の斉藤暁さんもトランペットでジャズと、
ちょっぴりコミカルな昭和歌謡風の曲を演奏してくださる事が決定した。

このお二人、ドラマや映画、CMでも揃って拝見する事が多いのだが、
今回、演奏でも“共演”が実現する事となった。
スタジオでのリハーサルでは、お二人のやりとりがまさに劇中と一緒で、
本当に面白いし、本当にこのお二人は仲が良い(笑)。

スタジオでのリハーサル中、ふと我に帰ると、
『なんだかスゲー人達と演奏してるなぁ・・・』
と、すっかり素人になっているDON清原であった(笑)。

0129_1.jpg
▲小野さん、斉藤さんとボク。“スリーアミーゴス”ではありません(笑)。

ライブ本番については、また後程にでも。   おしまい。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

感動しっぱなしの今日この頃なのだ。 [バンド]

まだ8月の話で恐縮ですが・・・(故・梨元さんに合掌)

17日にTBSテレビで放送された“リンカーン”という番組、
“ダウンタウン”をメインMCとしたバラエティー番組なんだけど、
この日の企画は『合わせません』という企画だった。

出されたお題に対して、7名の出演者が答えていくのだが、
その答えが他の誰かと“被って”しまわないようにする。
7名全員がバラバラの答えになれば賞金が貰えるというものだった。

ところが、これが意外と難しく、
何問か目まではどうしても誰かと誰かが同じ答えを書いて被ってしまっていた。

そのお題の中で、

“名前にカタカナが含まれる芸能人と言えば?”

という出題があったのだが、
ボクがひらめいたのは当然

“エド山口”

であった。
しかし、「いや、待てよ・・・結構被ってしまうかも・・・」と考え直して、

“イジリー岡田”

にしてみた(笑)。

超有名な人だと被ってしまう率は高くなるが、
誰もがそう思ってマニアックな人に行けば、そっちで被る可能性もあるわけで、
そうなると、あえて超有名人を出した方が被らなかったりする。
う〜ん・・・その辺りの駆け引きが面白い(笑)。

そして答え合わせ。

ゲストの佐々木希さんが『西野カナ』、
さま〜ずの三村氏が『和田アキ子』、
雨上がり決死隊の蛍原氏が『モト冬樹』。

おぉ〜!エドさんとカスったぁ〜!(笑)

キャイ〜ンの天野氏が『ラッキィ池田』、
さま〜ず大竹氏が『ピエール瀧』、
雨上がり決死隊宮迫氏が・・・
















『エド山口』 !!

出たぁ〜!! あっぶねぇ〜! やっぱり被るトコだったぜ!(笑)


そして最後にキャイ〜ンのウド氏が『ジャガー横田』と答えて、
見事ボクも入れて8名全員がバラバラの答えを出した(笑)。

エドさん、冬樹さん兄弟の名前が出るなんて、なんか凄いぞ(笑)。
何だかわからないが、ちょっぴり感動したDON清原(笑)。

2010_0819.jpg

**********************************************


話は変わって・・・(笑)

東ベンは銀座TACTでの定例ライブ後、
世田谷区千歳烏山での屋外ライブ、翌日に栃木でのライブ等をこなした。
ライブの事をその都度ネタにするといろいろ大変なので(ぉぃ)、
たまにはいくつかはサラッと流そうと思う(笑)。

しかし一言だけ。

「“のぞみちゃんバンド”の苅部さんとご家族の皆様、その節はお世話になりました!!
ホント、助かりました!! 感謝!!」

まぁ・・・このブログを見てるワケないかな・・・(^^;)ぁははは・・・



さて、24日は、渋谷でライブ。
これは、エドさんも番組を持っているラジオ曲FM世田谷の
新社長就任披露パーティーでの出演で、
場所は宇田川町にある渋谷BEAMの最上階にある『ジェイポップカフェ』というライブハウス。
天井がかなり高く、一番上はガラス張りのドーム型になっていて空が見える。

2010_0824.jpg

新社長もエレキ大好きって事で、途中、エドさんがステージに社長をお呼びし、合同演奏。
ベンチャーズの曲と、何と東ベンの『西湘バイパス・夏』を演奏くださった。

2010_0824b.jpg

銀座TACTでの飛び入りコーナーでも、多くの“おじさま”がステージに上がってくださるが
(時々“おばさま・・・いや、おねぇさま”もステージに!!)、
まだまだ気持ちは10代、20代の頃のまま!!って感じで、元気元気。
「オヤジバンドブームも一段落した」
なんて言われているけど、これからどんどん盛り上がって行って欲しい所である。
そうなれば、東ベンの仕事も増えるしね(そこかい!(笑))。


話は少し戻って、ライブ前の時間へ。

会場のある渋谷BEAMってのは、2階にイシバシ楽器が入っていて、
ボク達はリハーサルを終え、本番までに時間があったので、
「たまには楽器屋でも」と寄る事にした。
バンドの仕事をしている割には、楽器屋へ年に1、2度しか足を運ばない(笑)。
東ベンのメンバーとしては、新しいギターを買う必要もないし、
消耗品であるピックや弦は、まとめ買いや通販で購入してしまうからだ。

この日ボクは、ピックを30枚近くまとめ買い。
ホントはもっと欲しかったのだが、店にはその枚数しか無かった(笑)。

その後、渋谷BEAMの前のビルにドラムフロアがあるってんで、
そちらへ向かった。

渋谷BEAMの地下には、“よしもとホール”ってのがあって、
吉本の芸人さん達のライブが観れる。
ボク達が外に出ると、そこには若い女性の人だかり。
勿論、ボク達は関係ない(あたりめ〜だ!(笑))。
よしもとの芸人さん達が出てくるのを待っている、
いわゆる“出待ち”をしている女性ファンというワケだ。

しかしウチのTakuちゃん、
普段、銀座なんかを歩いていたら、
おもいっきり浮いてしまうキャラなのだが、
ここは若者の街渋谷。センター街もすぐそこって場所だ。
おまけによしもとホール前。

・・・・・・・・・めちゃめちゃ 馴染んでいる・・・・・・・・・・・・・(笑)

なので、Takuちゃんが出待ちの女の子の近くを通ると、
一瞬、「きゃっ!♥」とか、「えっ!?♥」とかのリアクションがあって、

ふむ・・・Takuちゃん、一瞬芸人かと思われたな・・・

と、良くわからない感動を覚えたこの日のDON清原であった。        おしまい。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏だ!北京だ!花火だ!テケテケだ! [バンド]

オリンピックが開幕した。

その開幕式、ボクはテレビでのライブ中継を、結局最後まで観てしまった。

めちゃめちゃお金がかかっているのは明らかだったが、
それにしても長過ぎるよね、アレ・・・(笑)。

いくつかのプログラムは、観ていて『おぉ〜!!』っとなったけど、
『ここまでやると、ちと恐いな・・・』と、ひいてしまうのもあったし、
感動する場面もあれば、突っ込み所満載の場面もあった。

ボクとしては、選手入場の間、トラックの周りで長時間ずっと踊っていなければならなかった
ミニスカートのお姉さん達が気になって気になって仕方なかった(笑)。
最初の頃は皆元気に笑顔で飛び跳ねていたが、さすがに204ヵ国からなる選手団の入場となると、
全員が揃うまで数時間かかる。その間中、彼女達はずっとステップを踏みながら手拍子したり、
腕を振ったり、エド・はるみのように“ぐぅ〜っ!!”ってしたり(笑)し続けなければならなかった。
これは過酷だったハズだ。ビリーズ・ブートキャンプより遥かにキツかったに違いない(笑)。
最後の方では、ほとんどの女性の表情から笑みが消え、運動量もガクっと落ち、腕も上がらなくなっていた。
よく観ていると、中には座りこんでしまっている女性も見えた。
汗を拭く事も、水分をとる事も許されてはいなかったのではないだろうか。
そんな条件であんな細みの女性達が、あれだけ長時間の運動に耐えられるわけがない。

テレビの画面には映される事は無かったが、その場に倒れてしまった女性もいたかもしれない。
さすがに「日本ではこんなのは有り得ないよなぁ・・・」と、本気で心配してしまったよ。(^^;

花火は凄かったね。あれだけいろんな場所から一斉に打ち上げられるのは、
北京オリンピックならではなのだろう。
でも、一部はCGだったんだって? なんじゃそりゃ! さすが中国!!(意味不明)

先日ボクは横浜での花火大会を観た事はここにも書いたけど、
5日の火曜日は藤沢の実家へ行って、丘の上に建つ高層マンションのベランダから、
江の島花火大会を楽しんで来た。
こちらもかなりの大きさの尺玉が何発も上がって、遠くから観ても迫力があった。

08_08_09c.jpg

今年は花火好いているのか、16日には“世田谷区たまがわ花火大会”の
打ち上げ前のイベントに、東ベンがゲストで呼ばれている。

9日には、目黒区にある“こまばエミナースホール”で行われた、
“第3回思い出バンドグランプリ”に東ベンはゲスト出演した。
アマチュアおじさんバンド8組が出場し、優勝バンドは16日のたまがわ花火大会で
我々と同じステージでの演奏ができることになっている。
審査員は湯川れい子先生とエドさん。エドさんは司会も務めた。
ベンチャーズのコピーバンドも出場したが、“笑顔”が無かったのがマズかったのか(笑)、
残念ながら優勝はできなかった。

08_08_09b.jpg

楽屋では、やはり北京オリンピックの話になった。
ボクはこの日使うギターのチェックをしながら、

08_08_09a.jpg

『やっぱりジャズマスターはカッコいいぜ・・・』

なんて、ひとりニヤニヤしていたのだが(笑)、
エドさんの話が面白すぎて、すっかり“お笑いモード”になってしまった(笑)。

◆エドさん『みんな、オリンピックの開会式は観たか?』
◇メンバー「ええ、観ましたよ。」
◆エドさん『じゃぁ、あれ覚えてるかい?スタジアムの中央から、バカデカい球が下から出てきて・・・』
◇メンバー「地球になったやつでしょ!凄かったですね。」
◆エドさん『そんでさ、その上で向こうで有名なオペラ歌手か何かが歌ったろ?』
◇メンバー「ドレス着た女性と一緒にね。」
◆エドさん『そうそう。ドレスの女性はまぁいいさ。でもよぉ、男の方の衣装覚えてる?』
◇メンバー「あははは。ものすごく地味でしたよね。」
◆エドさん『ウチのカミさんはさ、「なんであんなただの黒いポロシャツみたいなの着て出て来たのかしら」って言うわけよ。』
◇メンバー「ウチの奥さんも同じところをツッコんでましたよ(笑)。」
◆エドさん『俺も最初は“アレはないよな”と思ったワケよ。でもな、カミさんに言ったのさ。』


◆エドさん『アレは、もンの凄く高価なポロシャツなんだよ』

◇メンバー「うっぷっぷっぷ!!あはははっ(笑)」
◆エドさん『そう言ったら、カミさんにウケちゃってさぁ(笑)。』

・・・観ていない人には全く面白くない話だが、観た人にはウケるだろう(笑)。
やはりあの場面はテレビを観ていた誰もがツッコミを入れていたに違いない。
でも、ボクにはあの服・・・・・・・そんなに高価そうには見えなかったなぁ(笑)。 おしまい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
バンド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。